チェコ散策

週末ひとり旅~Nový Jičín~

先週末の土曜日で日本を経ってちょうど二年が経ちました。

ということで、普段しない特別なことをしようと思い立ち、週末に前から気になっていた Nový Jičín(ノヴィー・イチン)という近くの小さな町に電車で向かいました。

天気はあいにくの雨でしたが、念願の町に行けたので少し心を躍らせながら駅を出ると…

町の中心部の広場に向かう小道がすぐ見えてきました。

チェコはプラハだけではなく、地方の小さな町にも色とりどりの建物と辺り一面に石畳が敷き詰められていることが多いのが魅力です。


天気が悪いせいか、誰もいない中央広場

広場はかなり広々…

広場につながる小道は、プラハ城のふもとにある黄金小道を連想させるくらい、綺麗で歴史を感じました。

悪天候のせいもあり、かなり淀んだ雰囲気だったのは残念でしたが、町自体は本当に素敵で閑静だったので、次回は天気がいい時に再挑戦しようと思います!

ちなみに町の名前にもある Nový はチェコ語で「新しい」という意味の形容詞で、このNový Jičínの隣にある町 Starý Jičín (スタリー・イチン)の Starý は「古い」という意味なので、次回は少し古いであろう方の町 Starý Jičín にも行ってみたいと思います。

2015

Leave a Reply

Your e-mail address will not be published. Required fields are marked *